« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月28日 (水)

字幕

Cimg0355


今日の新聞に国立能楽堂で
字幕システムを導入するという記事に
目が点になってしまった。
客席の背もたれに液晶画面で文字を
流すらしい。
日本語で謡の詩章を流し、英語では
あらすじ、状況説明を解説するそう。
う~~、ショックだなぁ。
まあ、1年に1度くらいしか国立に行く機会はないから
そんなに悲しむ事はないかもね。

文楽でもいろいろと問題にはなったけど結局本公演でも字幕スーパー
導入されたものなぁ。
文楽はまだ、舞台の上や、左右の壁だけど
客席では見たくなくても目にはいるのでは?
ビギナーにとって、それが良いのかしらん?
私にはひっかかるけれど。

最初からわかってもらおうと思うほうがおかしいわ。
能をわかろうなんて。。。
奥の深い芸能を一度や二度でわかるはずないじゃん!!
導入するのなら、初心者だけの席を後ろの方に作るのはどうかな?
それも変か?

くちなしの花が香りよくて心地いい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

文楽若手会

今日は二日目。両日共見たかったけど昨日は大津だったので
今日だけ拝見する。
本公演ではまわってこない配役でみなさん頑張っていらっしゃる。
まだまだの方、思っていたよりお上手な方、いろいろ。
これから応援したくなる方、見つけちゃった。
ずっと見ていくのが楽しいのよね。

寺子屋では泣けなかった。
いろは送りで泣けないなんて、随分久しぶり(^^;)
いつもなら、そこかしこからすすり泣きが聞こえてくるけど
今日は、ほんの少しだけ。

野崎村のおみつちゃん、とっても良かった。
一輔さんは私の期待に十分応えてくださった。
お父様に似てきたな。

東京から、岡山から、岐阜からと文楽ファンの方々にも
お会いできた。
休憩時間が少ないし、ご挨拶くらいでゆっくりとお話できないのが
いつもながら残念でした(涙)

いろは書く子をあえなく。。。ずっと頭の中でリフレインしている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

能囃子コンサート

Cimg0357
Cimg0358


今日は大津伝統芸能会館へ。
能の時は満員になるけれど、今日は見所がちと寂しい。
「和の音~七色」
素囃子の神楽・一調・一調一管・独鼓・舞囃子ともりだくさん。
楽器体験や解説もあり。
私は太鼓を打ちたかったけど、3人しか体験できなかったので諦める。
みなさん初めて打たれるのに、お上手でびっくり!!
今回は前川さんのシャイな一面を拝見できてラッキーでした(^^)

舞囃子「融 酌之舞」で、豊彦さんが正先で扇で御酒をいただくところが
あまりにもお奇麗だったからか、涙がポロリ(汗)
お囃子も聞いていて気持ちいい~♪
一調一管「天鼓」はハメがいっぱい!!
なのでついていけないから、豊彦さんと一緒に謡を謡わせてもらってました(^0^)
片道2時間以上はかかるけれど
やっぱり行ってよかった。来年もこの催ししていただきたい。

大好きなお囃子の方々ばかりで嬉しかった。
能一番だと、好きな方ばかりとはいかないからね(^^;)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイパー

フロントガラスに撥水加工を施したので
雨が降っても、ワイパーがほとんどいらない。
ローで十分。
雨粒が気持ちよく飛んでいく~~!!
あっ、スピードの出しすぎかしらん(汗)

明日は久しぶりの大津。
あっれ~!1年ぶりだわ。
乗り間違えしないように気をつけなくっちゃ。
2週連続でたっちゃんさまにお会いできる♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

カルガモのお引越し

Cimg0349


今頃になると恒例行事のようにニュースになる。
車を止めてまで、カルガモの行進が
優先になる。
見ていてかわいいけれど。。。
だってさ~、みなさん鴨や鳥を食べているんでしょう。
なんで、カルガモさんだけが、優遇されるんだ?

私はベジタリアンだから関係ないけど、いつも変だと思う。
あっ、付き合いではお魚は食べます(涙)
だから、私もえらそうな事は言えないな(汗)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

ランドマークタワー

Cimg0327
Cimg0329


能を見る前に、ほんの少しだけ時間があったので
ランドマークタワーのスカイガーデンに上がる。
駅から近いからね。
美術館でイサムノグチ展をしていたから本当はそちらに行きたかったけど。
一時間もないので断念する(><)
日本一空に近い展望フロアだそう。
40秒で69階まで。早~~い!!

海を久しぶりに見る。気持ちいいなぁ。
富士山は見えなかったけど、横浜スタジアム・能楽堂が見えた(^^)
彼と一緒ならもっと嬉しかったけどね(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

文楽デー

Cimg0338
Cimg0342


いつもの鑑賞教室プラス人形・大夫・三味線を体験できる日。
抽選会もあったけど、私ははずれ(涙)
また一番違い。能でも確か一番違いで当選しなかったよな。
久しぶりに三味線を持たせてもらって、少しだけ音を出す。
あれは、弾いたとは言えないものね(汗)
肩衣・袴までつけてもらって記念撮影。
舞台で人形も持たせてもらった。
今日はとってもミーハ-な日でした♪

昨日の疲れが原因か?野崎では午前・午後とも記憶にない
ところが。。。もったいな~い!
いろんなおみつちゃん見れて面白かった。
大根の切り方もみなさん個性がある。
玉英さんが大根の葉を捨てなかったのが、私は気に入った!!
あの時代、葉っぱを捨てたりはしなかったよね。

しばらく休演されていた喜左衛門さんが亡くなられた。
ショック!!まだ60代なのに。
先週、公演記録鑑賞会で喜左衛門さんの曲弾きを楽しんだところ。
あれを拝見できたのは感謝だな。
ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜能楽堂で

Cimg0332
Cimg0333


友枝さんの「井筒」を拝見する。
出が、す~っと。自然にす~っと。
次第のお囃子がいい!
「暁毎の閼伽の水」ひゃ~、久しぶりに聴く友枝さんのお声!
体も心も耳も喜んでいる(^0^)
装束も私好みの唐織。面も素敵だなぁ。

舞いも美しすぎる!
まったく無駄のない動き。
想像以上に答えてくださるなぁ。
能の真髄が凝縮された舞台に感動する。

シテ、ワキが幕にはいっても拍手がないのが嬉しかった。
関西なら、二の松くらいで拍手喝采となるだろう。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

明日だ!!

Cimg0324


昨日は大雨だったのに、今日は見事に快晴!
めちゃ暑いや。体がまいっちゃう。
今年の梅雨はじめじめタイプではなさそうね。

いよいよ明日は横浜能楽堂へ!!
どうか無事に着きますようにと祈りつつ。。。
なんせ、方向音痴なもんだからね(汗)
明日は笑顔が素敵な方にお目にかかれる。楽しみ~!
もちろん、友枝さん・成田さんがお目当てだけど(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

愛想笑い

今日は仕事帰りにお買い物。
いつもと違うお店で欲しいと思っていた
夏用のカーディガンを見つける。
そのままレジに行くと「ご試着はよろしいですか?」と
聞かれたので、着る事に。
試着室から出ると「まぁ、とってもお似合いです!」と
とってつけたような言葉にちょっとうんざり。
まあ気に入ったから買ったけど。。。
お釣をもらい紙袋を受け取ろうとしたら
「お店の出口までお送りします」
そんな迷子になるような店か!
たぶん、この店はもう行かないよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

近所迷惑

昨日の夜、信じられないくらいの騒音!!
「ニッポン、ニッポン」と雄たけび、拍手も異常なくらい煩い。
サッカーに全く興味の無い人間にとっては迷惑この上ない。
ここは競技場じゃない。
ごく普通の住宅街なのだ!!

日本人のほとんどが野球しか興味の無かった時
私はサッカーを愛していた。
Jリーグが出来たとたんにサッカーには見向きもしなくなった。
私って変人かしらん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

文楽鑑賞教室

Cimg0323


午後の部の鑑賞教室へ行く。
日曜日なのに学生さんが多い。
本公演とは随分と違う雰囲気だった。

楽しみにしていた、野崎村。
う~~ん、期待しすぎたのかな?
大根切るところも、包丁に当たる所も
ちょっと違う。
田舎娘の雰囲気があまりでていない。
お染にいけずするところもだめ。
やっぱり清之助さんは御嬢様のお染のほうが似合っているな。


最後の連れ弾き楽しかった。あの軽快なメロディーが
悲しい物語を一段とよくしているよね。
船頭さん、船から落ちて泳ぐタイプだった。
まぁまぁよかったと思うわ。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月10日 (土)

チケット発売日

Cimg0316


今日は夏休み文楽公演の
チケット発売日!
左手に携帯、右手には家の電話で
かけまくり~!!
左の親指はひきつりそうだったけど(汗)
なんと25分で繋がった。
平日の発売日は仕事中で、なかなか電話をかけられないし
土曜日でもお出かけしていたりするので、こんなに早く繋がって
とっても嬉しかった~♪
でも、7月8月は能の予定がすでに入っているので
あまり劇場へ行けないのだが。。。

お昼からは小ホールで公演記録鑑賞会。
「花競四季寿」平成6年1月と「関取千両幟」昭和61年7月
簔助さんの鷺娘、動きが柔らかくて美しい!!
小松大夫さんのおとわ、よかったなぁ。
喜左衛門さんと錦糸さんの曲弾き、面白い!!
生ではないけど、拍手をしそうになったわ(笑)
あまり期待していなかったけど、楽しい鑑賞会でした。
明日は、やっと鑑賞教室です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

貢ぎ線

Cimg0318


テレビで占い師さんが言っていた
「貢ぎ線」。なんと
私の手にもあるではないか!!!
情が深いのかぁ、私って。。。
だからいつも不幸な結果に
終るのね(汗)
はぁ、将来も明るくないのか(涙)

明日の文楽劇場は貸切。
無料だったんだ。もう少し早く知っていたら。。。ああ、残念。
はがきを出しても当選するかわからないけどね(><)
夏公演は出してみようっと!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

冷房病

また辛い季節がやってきた(涙)
花粉よりはるかに苦しいのだ!!
ニットのカーディガンや帽子をかぶりたいくらい。
頭がきゅっとしまった感じがして痛い。
体もかちかちに固まっている。

お風呂に入ってもまだ体が冷えている。
あと何ヶ月この状態が続くのか?
考えただけでもブルーになってしまう。
電車・会社・劇場・能楽堂etc. はぁ。ため息。。。

今日から文楽鑑賞教室がはじまった。
4パターン全部観たかったけど、能の予定もあるので
3回だけ拝見することに。
1月にNHKホールで観た「おおさか・元気・文楽」と同じ
新版歌祭文だけど
その後に野崎観音へ参詣したので
ちょっと見方が変るかも?

早く清之助さんのおみつちゃんが見た~い♪
船頭さんも私とっても楽しみなの。
どなたが一番よいかしらん?
あれ~!!見に行けない日が、私が一番いいと思っている方だった(T_T)
ショック。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

祝!1000アクセス超

Cimg0317


昨日でアクセス1000を超える。
ブログをはじめてちょうど2ヶ月。
とりとめの無い内容なのにみなさんお越しくださって感謝です。

昨日のY新聞に先日の「けいはんな文楽」の記事が掲載されていた。
うわ~い!!なんと清之助さんが写っているぅ♪素敵~~!!
義経千本桜の静御前。黒子姿の一輔さんもー(^^)

あれ~?「壺坂観音霊験記」のさわりを上演って?
ちょっとちょっとY新聞の記者さん、嘘を書いてはいけません!
ちゃんと取材をしましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

能と囃子の会

大阪能楽会館へ大倉流小鼓の会を聴きにいく。
入ってびっくり!!めちゃくちゃ寒い!
冷房効きすぎ。
ここは毛布のようなひざ掛けを借りれるのが嬉しいけれど。
ジャケットを着てもまだ寒いので、ショールもかける。
それでも寒い。
みなさんも文句を言っていた。

中正面の席で、小鼓の方の打ち方をじっくりと研究する(^^;)
持ち方、打ち方、みなさんそれぞれ。
掛け声が上手な方は小鼓の音が悪かったり。。。
緊張なさっていると力が入って、音が出にくくなるものね。
でもやはり、みなさん左の腕がしっかりなさっているわ。
私も見習わなければ。
手の開き具合は、いろいろだなぁ。

「経正」は修羅之音取置鼓 という小書きつき。
最初小鼓だけが床机にかけて笛と交互に。めっちゃ格好いい!!
私も打ってみたい!!
シテの久田勘吉郎くんもお上手。先週見た裕一くんも素敵だったけど
彼もあと20年もしたら名古屋で活躍されているのかな?

「二人静」これはあまり上演されないから素人会で拝見できるのは
とてもラッキー♪
やはり能一番される方はお上手だよね。
私も打ちたくなる。
おシテも奇麗に舞われてた。相舞は大変だもの。

関西ではなかなか機会がない喜多流のお謡い仕舞を
拝見できて幸せでした。
この会ではいつも出られるので楽しみなのだ♪
何年も前のことだけど、私が友達を亡くして落ち込んでいる時
ある方のHPのBBSで励まして下さったの。
お話はした事ないけれど、それ以来、私の中ではとても大切な方。

今日の大河ドラマの「巧妙が辻」で能が舞われてたけど
あれは「張良」だよね。
大鼓は私の大好きな柿原さん!!なのに手だけしか写ってなかったよ(涙)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

図書館で

Cimg0315


司馬遼太郎が愛した「風景」という本が目にとまる。
ぺらぺらとめくっていると
悔やまれる須田国太郎とのすれちがい、という文字に
惹かれ借りる事に決定!!
6冊になってしまい(5冊しか借りれない)
あわてて芥川の「羅生門」を館内で読む。

私の好きな司馬さんも須田さんの絵画をお好きだったとは感激!
「窪八幡」が特にお気に入りだったみたい。
須田さんの絵はちょっと不思議だものね。
あの色使いは独特です。それに画面は傷だらけ。
私は能・狂言のデッサンをされているので興味をおぼえ
去年の京都国立近代美術館へ見に行った。

能の油絵は二枚しかない。
頼まれて書かれたそうだから、能のデッサンなどは
趣味で書かれていたのかな。
その一枚の「大原御幸」を見て、私は泣いてしまった(^^;)

絵画を見て泣くなんて初めての経験で
自分でも驚いちゃった。
建礼門院の悲しみがす~~っと心に伝わったのです。
まるで生の能を見ているようでした。

キャンバスの前に座る時は背広姿でネクタイもきちんとされていた
そうで、画家というより大学の教授みたいな風貌。
自宅の仕事場で撮影された写真は、なんと土門拳によるもの。
私の好きな方がみなさんどこかで繋がっている。
なんだか気持ちがほっこりしちゃう♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 2日 (金)

振り込み代

Cimg0309


早いよなぁ。もう6月だ!!
7月の能のチケットが届く。
現金書留で送ったり郵便局の振込みだったり、チケットを受け取るのには
いろんな方法があるけれど
チケット代って結構お高いのだから振り込み代は安くして欲しい。
今回のは2500円のチケットで210円もかかった。
普通の郵便の振込みなら100円もしないのに。
ぴあなどプレイガイドで買うと送料はいらないものね。
たったの100円の話だけど、されど100円です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »