« 若冲と江戸絵画展 | トップページ | 正倉院展 »

2006年10月29日 (日)

応挙と芦雪

Cimg0569

今日は奈良県立美術館へ。いつもより奈良の駅は混雑している。
みんな正倉院展に行くのかな?お昼からは急用が出来たので
正倉院展はまた次回。はしごは疲れるし、やっぱりゆっくりと見たいからね。

京都はどこでも混んでいるけれど、ここはそうでもないからいいわね。展示は前半と後半で全部入れ替えになる。
屏風や襖絵は人の流れが止まった時、後方の椅子に座って
ゆったりとした気分で拝見できる(^^)
プライスコレクションでは考えられなかった。平日なら見れるのかな?

お目当ての応挙の「紅梅鶴図」は絹の布に書かれた襖絵二面で
思ったより色が鮮明でなんとも御めでたい図柄。
丹頂鶴と真鶴の2羽が夫婦のように仲むつまじくて、羨ましい(^0^)紅梅の構図が見事だよね。計算つくされているね。

芦雪の「虎図」襖六面。これは圧巻!筆のタッチがすばらしい!
後方でず~っと立って拝見できて感激でした~♪
来月にまた後半の部いかなければ!
楽しみ~~~~!!!!!



|

« 若冲と江戸絵画展 | トップページ | 正倉院展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 応挙と芦雪:

« 若冲と江戸絵画展 | トップページ | 正倉院展 »